鬱の症状が悪化する前に【病院のソーシャルワーカーに相談】

こんなときは注意

男性

打ち明けられる人も必要

ふと気がつくと頭の中が真っ白になっていて、仕事や家事を進める手が止まっていることがよくあり、ただボーッとしているというよりも、頭を含めカラダ全体が急にスイッチが切れたかのようになってしまうのも、うつ病の特徴的な症状のひとつです。単に集中力がきれるのでなく、本当に頭の中が真っ白になり、何も考えられなくなっていきます。このような症状は、何もないところからアイディアを生み出していくような仕事をしている人には致命的です。そうなると仕事ができないことに焦りを感じ、自分ではどうしようもできなくなってしまいます。加えて、どうにかしようと考えているうちに、その思考が断ち切られてしまいます。もし、今まで出来ていたことができなくなったり、仕事のペースが極端に落ちたりすることで、自分がダメな人間だと考える機会が増えているようなら、その段階で医師に相談することが大切です。カウンセリングの結果、うつ病だと診断されなくてもいいわけです。ちょっと落ち込んでいるだけ、あるいは投薬などの対症療法は必要ないと言われるのなら、それに越したことはありません。そのような段階で受診して文句を言われることはないので、放置せずに受診することが重要です。実際に病院でうつ病だと診断を受けると家族に心配をかけたくないので、打ち明けるべきか迷うという人も多いです。しかし、自宅で元気でいられる病というのはありません。そのため、同居者がいる場合、隠していても症状から何れわかることです。一般的なうつ病であれば、医師から受けた診断や注意などのアドバイスを家族に説明するのがよく、自分では難しいということであれば、医師と相談した上で、共に受診します。もともとうつ病になる人は、真面目な性格の人が多いので、家族に心配をかけたくないと考えてしまいがちですが、症状が重くなれば後々もっと重い負担が家族にのしかかることになります。そのため、なるべく早く家族の協力を得て治療をすることが大切です。加えて、認知療法や環境調整を行ううえで最も大切な役割を果たすのは家族です。一緒に治療に取り組んでいくことが何よりも大事になります。まずは、自分のうつ状態を素直に打ち明け、理解と協力を得ることからスタートします。もちろん、関係がうまくいっている家族ばかりではないですし、その家族が原因ということもありますので打ち明けるのもケースバイケースです。医師にきちんと相談するようにします。

Copyright© 2018 鬱の症状が悪化する前に【病院のソーシャルワーカーに相談】 All Rights Reserved.