看板で通院先を探す時は|鬱の症状が悪化する前に【病院のソーシャルワーカーに相談】

鬱の症状が悪化する前に【病院のソーシャルワーカーに相談】

看板で通院先を探す時は

医者

電話で予約を入れよう

看板を見ればどんな病気を治療してもらえるのか大体分かりますが、うつ病の場合は精神科か心療内科が受診先です。うつ病は症状の出方によっても通院先を選ぶことがポイントで、心理面の症状を治療するなら精神科か精神神経科を選びます。基本的にどちらも同じ診療科目ですが、まれに両方書いている場合もあり、その病院ならうつ病をはじめ、心の疾患に幅広く対応しているのが一般的です。そして胃痛や整腸不良など、心理的要因から何か体に症状が出ている時は、心療内科で診てもらいましょう。一方、メンタルクリニック、もしくはメンタルケアクリニックと書かれている診療所も、概ね精神科と心療内科を揃えています。抵抗感を抱かずに通院できるよう、あえて精神科などと表記していないだけですから、うつ病の治療先として候補に加えておきましょう。ただし、クリニックによっては重度の患者には対応していない場合がありますので、症状が重い時は事前に問い合わせておきます。また、うつ病は長期間通院するケースが殆どのため、立地条件や診療時間など、通いやすさの点から選ぶことも大切です。初めてうつ病を治療する場合は診察の申込方法が分からないかもしれませんが、基本的にほかの診療科目と同じです。予約が必要な場合も多いため、事前に病院へ電話を入れ、うつ病の初診であることを伝えます。すると、大抵一番早い予約可能枠を案内してくれますので、都合が良ければ予約を入れ、都合が悪ければ、ほかの予約可能枠の中から選びましょう。予約を入れる際、どんな症状があるのか聞かれましたら、最も困っている症状から伝えておきます。そのほか、予約なしでも大丈夫な病院が稀にあるため、その場合は都合の良い日に病院へ行き、窓口で初診であることを告げて申込みましょう。ですが、その場合も予め病院へ電話をして、診察の順番システムなどを尋ねておくのが得策です。予約制を採用していない病院なら受付順ですが、予約制の病院では予約患者が終わってから、予約のない患者を診るケースが少なくありません。例え一番初めに受付を済ませても、自分の順番が回ってくるのは最後ですから、待合室で延々待つことになります。ですから予約なしで初診に向かう際は、大体何時頃に病院へ行けば良いか、前もって聞いておくのが秘訣です。

Copyright© 2018 鬱の症状が悪化する前に【病院のソーシャルワーカーに相談】 All Rights Reserved.