鬱の症状が悪化する前に【病院のソーシャルワーカーに相談】

しっかり治すことができる

病院

協力者がいる

うつの症状は、必ずしも右肩上がりの直線的な治り方をするとは限りません。だから精神科では、気力や行動力が改善してくるまでを目安にした長期的治療を行っているわけです。そして現在、緊急の場合以外に、精神科の専門病棟を利用する患者数が増えています。入院治療を勧めるのではなく、うつの症状に苦しむ患者が自ら希望する場合もあります。家庭や職場の環境によっては、十分な身体的・心理的休養を取りにくいことも理由のようです。例えばの話、自営業の場合、人の出入りが激しいので、気になって休養できないこともあるようです。他にも、症状が重くなるのが分かっているのに、責任感が強くてどうしても仕事を休めないと主張する場合にも、入院を医師が勧める場合もあります。落ち着いた療養環境の中で休養すると、症状に合わせて薬の量をこまめに調整できます。加えて、入院期間が長くなる場合には、病院のソーシャルワーカーに相談して、退院後の環境調整を手助けしてもらえる利点までがあります。このように、治療のためだけに病院を利用するのではなく、身体を休ませたり、心を穏やかにさせたりするために活用することで、再発の予防に繋がります。うつの症状は全身に現れる可能性があり、その症状の強さには個人差があります。中には、心の症状は軽いのに、身体の症状が強く続く人もいて、これは一見してうつとは診断しにくいことから仮面うつとも呼ばれています。見分けが難しいことは否めませんが、最近では、内科や整形外科の医師も、うつの勉強に熱心で、専門医との連携も図られています。胸が痛むと訴えても心臓に異常がないケースも、原因不明の関節痛も、実はうつだったというケースもあったようです。何かおかしいなと思ったら悩んでいないで、まずは家の近くのかかりつけ医に相談することをお勧めします。この病気は、本当にこれで病気なのだろうかと思わせる言動も見られます。最近は、土曜や日曜、夜間の診察を受け付けてくれる病院もあります。医師や看護師など、専門家の知識と経験をフルに使うことによって、不安が安心に変わり、絶望が希望へと変化します。なんだかおかしいと感じた時、すぐにやるべきことをやるだけなのに、症状を乗り越えられるケースが非常に増えています。しかし、夜間や休日に対応していない医療機関もあるので、そうした場合にはいのちの電話などの24時間対応できるサポートシステムを活用することも検討しておくとよいでしょう。

看護師

取り戻すのは大変

うつ病は症状を自覚したときには、かなり重症化していることも多いですが、決して不治の病ではありません。ただし、治療は長期化しやすいので、病気をきちんと理解して主治医と協力しながら治療にのぞむことが大事です。

男性

こんなときは注意

うつ病は突然スイッチが切れたかのように意識が飛ぶような症状が出ることがあります。放置すると危険なので原因を追究し治療をすることが大事です。その際、原因が家族でなければ、素直に病状を打ち明け、治療に協力してもらうことが重要です。

診察

精神病の適切な治し方

ストレスでなりやすいうつの症状には気持ちが沈んでしまうものと、躁うつ的な精神の変化が激しタイプがあります。どちらの症状もクリニックならば治療が可能ですけど、複数の方法があるのでどういう形で治すのか確認はいります。

男女

精神病の治療にかかる負担

精神が不安定な状態が長く続く場合は病院に行き、専門医の検査を受ければうつ病になっているか調べられます。うつの症状になっていた時は薬とカウンセリングの治療を受けますが、保険を利用できるので少ない費用で問題を解決できます。

医者

看板で通院先を探す時は

心理面の症状を治すなら精神科、心理的要因の身体症状を治すなら心療内科など、受診先はうつ病の症状に合わせて選んでください。治療を申込む時は事前に病院へ電話をして、うつ病の初診であることを伝え、予約可能枠の中から都合の良い日時で予約を入れます。

Copyright© 2018 鬱の症状が悪化する前に【病院のソーシャルワーカーに相談】 All Rights Reserved.